TOP / 会社情報 / 情報セキュリティ

情報セキュリティに対する基本的な考え方

ファーストペンギンでは、高度情報化社会において情報は重要な資産の1つであると考えています。

2005年に個人情報保護法が施行され、情報セキュリティの重要性がますます高まっています。
その中で、ファーストペンギンは通信販売事業を行っており、数多くの情報を取扱う企業として、個人情報を確実に保護や適切に取扱うことを徹底しています。

2009年には、日本情報処理開発協会 (JIPDEC)より、個人情報について適切な取扱いが行われている企業に対して与えられる「プライバシーマーク」を取得しました。

情報セキュリティ基本方針

ファーストペンギンでは、以下に記述する情報セキュリティ基本方針を定め、社会からの信頼を常に得られるよう、情報セキュリティに取り組みます。

個人情報保護方針

情報技術の発展に伴い、巷では個人情報を侵害するケースが多々みられ、社会問題化しています。
ファーストペンギンでは、個人情報保護を重大な社会的責任と認識し、JISQ15001の個人情報保護に関する個人情報保護マネジメントシステムの要求事項に基づいてマネジメントシステムを構築し、適切な運用を行うべく、以下の取り組みを実施します。

情報開示の基本的な考え方

ファーストペンギンでは、お客さまをはじめとする方々の正しい理解と信頼を得るために情報開示方針を定め、 企業情報を公正かつ適時適切に開示します。
そして情報開示方針に基づき、開示手続きなどに関する社内規定を定め、法令や規則を順守し、 個人情報保護や関係者の権利を侵害しないよう配慮した上で情報を開示します。

情報開示基本方針