ファーストペンギン、“社会的で先進的な”ファーストペンギンを目指す企業を応援する 「FPスポンサー」を開始

第一弾は、世界で活躍するファッションブランド「アンリアレイジ」
2月27日、Paris Collection 2018-19 A/W で発表する「PRISM」に協賛

「ファーストペンギン」を目指す全ての人を応援する企業、株式会社ファーストペンギン(本社:東京都渋谷区、代表取締役 社長執行役員CEO:市之川 匡史、以下、ファーストペンギン)は、社会性があり、さらに、技術革新において先進的な取り組みをしている企業にスポンサーする事業、「FPスポンサー」を開始いたしました。第一弾として、「日常と非日常」をテーマに、ファッションとテクノロジーを融合しながら、ファッションシーンを走り続ける、デザイナー森永邦彦氏率いる「アンリアレイジ」に協賛 いたしました。パリで2月27日に開催された「Paris Collection 2018-19 A/W」においてアンリアレイジが発表したテーマは「PRISM」。光を分けて虹色を生み出すプリズム現象を応用し、光源の位置と見る角度により色合いが七変化する洋服を発表しました。


(※)「PRISM」詳細は、アンリアレイジHP
http://www.anrealage.com/news/detail/100004/352)にて。



■「FPスポンサー」とは
当社の社名「ファーストペンギン」とは、群れの中で最初に水に飛び込むファーストペンギンのように「リスクを恐れずに飛び込んでいき、今までに無いものを創りだす」という想いからきています。その想いを体現し、チャレンジする企業や事業者の中でも、社会の課題解決に対して常に新しいアプローチにて取り組む先進的な企業にスポンサーする事業、それが「FPスポンサー」です。 当社は今後も引き続き、アンリアレイジ社を代表するような“社会的で先進的な”企業に着目し、業界問わず、チャレンジ精神あふれる企業に対し、「FPスポンサー」を提案していく考えです。


■「アンリアレイジ」について
2003年設立。ANREALAGEとは、A REAL-日常、UN REAL-非日常、AGE-時代、を意味する。日常の中にあって非現実的な日常のふとした捩れに眼を向け、見逃してしまいそうな些事からデザインの起点を抄いとる。「神は細部に宿る」という信念のもと作られた色鮮やかで細かいパッチワークや、人間の身体にとらわれない独創的なかたちの洋服、テクノロジーや新技術を積極的に用いた洋服が特徴。現在、パリコレクションで発表を行い、国内外50店舗で販売されている。
URL:http://www.anrealage.com/


■株式会社ファーストペンギンについて
会社名:株式会社ファーストペンギン
所在地:東京都渋谷区代々木1-35-4 代々木クリスタルビル5階
設立:2006年8月8日
資本金:1500万円
代表:市之川 匡史
事業内容:
Webサービス事業、広告代理販売、コンテンツ制作・販売事業、各種メディア運営、人材紹介業等
URL:http://first-penguin.co.jp/